noimage

ご挨拶

理事長のご挨拶

理事長 林 直樹
理事長 林 直樹

挑戦を支え続けることで学生の無限の可能性を引き出そう!

~無限の可能性をもった学生が溢れる歴史都市金沢を実現します~

急速なIT化による社会的な分断は多様なひとり空間と引き換えに人と地域の繋がりを希薄化させました。地域では親子の孤立を生み出し、若者が将来に夢や希望をもてなくなっています。今こそ、若人の夢を未来へ繋ぎ、互いの成長を喜びあえる深い真心をもって教育現場から都市を高めることが必要です。

そのために、希望ある未来を想い描く想像力を携え、成長の礎となる道徳心と探求心を養い、人生で成し遂げたい夢を見出せる環境を構築します。

若者には様々な背景があるとともに、多様な価値観を受け入れる寛容な心が備わっています。また、地域の様々なネットワークを越えた連携を拡げられる可能性を宿しています。心の垣根を超えて人びとと協働することで若者の成長を後押しし、身のまわりで起こる様々な出来事から物事の本質を捉え、将来の夢や希望に向かって成長する若者を育みます。

学校職員は、学生の想い描く夢の実現に向けて積極果敢に行動する力を携え、生徒と共に成長する共育力と未来へ繋げる責任感を有し、模範となる立場としてカリキュラムを実行します。そして、互いの成長を喜びあい、学生と地域を繋ぎあわせます。

学校法人ファースト学園は、未来を想い描く想像力を携え、成長の礎となる道徳心と探求心を養い、夢を見出せる環境を構築し、若者と地域の繋がりの起点となり挑戦を支え続けます。そうすることで、無限の可能性をもった若者が溢れる歴史都市金沢を実現します。

校長のご挨拶

校長 加藤 泰博

現在の社会は、地球全体を包み込んだものになってきています。その中で、IT技術の社会における役割も大きなものになってきています。ビジネスにおいてもIT技術はその中で大きな役割を担っています。そのようなビジネス社会への人材を育成し、また国際的な活動が出来る人材の育成を、IT技術教育のみならず、日本語教育を通じて新たな人材育成を行おうと考えています。

 当校は、IT技術教育を主に行ってきました。それに加えて、留学生に対して日本語教育を行い、その後にIT教育を受けることも可能にしています。IT技術者は、世界各国で必要とされ、またその活躍も大きくなってきています。

 日本の学生には、世界に通じるIT技術を習得して社会に貢献していただきたい。海外からの留学生には、日本語の習熟をしていただき、日本国内だけでなく、本国での日本企業などでビジネスの一助になっていただきたい。また、その後IT技術を習得したいと考えている人には、日本語習熟に応じたIT技術の指導を行うことも考えています。